スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

子ども手当は減ったけど、税金はまだ増える



忘れた頃に、

アレがやってくる!





■所得税より痛いかも・・・




みなさん、

すっかり忘れているかもしれませんね。




子ども手当の支給に伴って、

扶養控除が廃止されたじゃないですか。




おかげで

この間の確定申告では、

所得税が高くなった、という方も

多いと思います。




しかし。




残念ながら、

それで終わったわけじゃありません。




そう、

まだ住民税が残っているんです。



今年の6月から、

新年度の住民税が始まります。




子ども手当をもらっていた方、

高校生のお子さんがいる方は、

6月から増税になりますので、

心の準備を。




一応、おさらいですが、

具体的には、次の控除額が変わってます。




★年少扶養控除(中学生以下)


33万円 →→→  廃止  (△33万円)



★特定扶養控除(高校生)


45万円 →→→ 33万円  (△12万円)






住民税は、

所得税と違い、一律10%ですから、

上の数字から、増税額が計算できます。




減った控除額に、

10%を掛けたらいいですね。




★中学生以下1人につき、年3.3万円増


★高校生1人につき、年1.2万円増






となります。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成24年税金・その他年間スケジュール | 2012-04-17(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。