スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

少額リースの処理はいかに?



では、

先週の続きを!





■答えはどっち?




前回は、

リースの処理について、

ご紹介していました。




種類の違う資産を、

いろいろまとめてリースしました。




このときに、

たとえ10万円未満のものがあっても、

経費では落とせない、ということでした。




じゃあ、

10万円以上30万円未満のものが出てきました。




さあ、

これを「少額減価償却資産」として、

経費にすることはできるでしょうか?




というのが、

前回の質問でした。




答えは、OKです。




年間300万円までは、

この特例が使えます。




では、次。



少額減価償却資産の30万円特例が

300万円超えそうです。




なので、

10万円以上20万円未満のものについては、

「一括償却資産」で、3年償却の特例を使おうと思います。




さて、

これはどうでしょうか?




これは、ダメです。

一括償却資産は使えません。




というわけで、

リースの場合は、使える、使えないが

いろいろとあるんです。




最後に、もう1つ。




一定の要件を満たすと、

税額控除といって、取得価額の一定割合を

直接、税額からマイナスしてくれる制度があります。




これは、リースでも使えます。




結局、

リースの場合は、

税額控除と30万円未満特例が

使える、というのが結論です。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
リースの活用方法 | 2012-04-16(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。