スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

200%定率法で、償却率1.0はどうなったか?



定率法の改正について、

続きです。





■4年落ちベンツの話




昨日は、

250%定率法が200%定率法になりましたよ、

という話でした。




250%定率法は、

平成19年度税制改正で導入されましたが、

このときに、節税対策(?)として話題に

なったことがありました。




それは、「耐用年数2年」についての話。




250%定率法というのは、

定額法の2.5倍の償却率に設定されています。




そのときに、

ちょっと面白いことが起こりました。




それが、耐用年数2年。




耐用年数2年の償却率が

なんと、1.0になってしまったんですね。




償却率1.0ということは、

100%償却。




ただ、

これは期首に取得した場合で、

期中取得の場合には、月割計算になりますが。




耐用年数2年なんてあるんかい、

ということですが、

4年落ちの中古車の耐用年数が、

ちょうど2年になります。




こんな節税もできる、ということで

少し話題になりました。




さあ、

問題は、200%定率法になって、

これがどうなったのか?




つまり、

「耐用年数2年」の償却率は、

いくらになったのか?





・・・・・・・。





じゃじゃん。





新しい償却率表を見てみました。




ありました。


「耐用年数2年」 →→→ 1.0





おー、まだ使えるんですね。




耐用年数3年以上になると、

償却率が8割になるんですが、

この耐用年数2年だけは、改正なし、

ってことになります。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
減価償却の活用方法 | 2012-04-05(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。