スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

消費税の納税義務ないんですか?本当に?



もう、確定申告は終わりましたよね?





■明日で終わりです




まだ、という方は、

ホントにヤバイです。




残すところ、

今日と明日だけですから。




とにかく、

最後までがんばって下さい。




提出が終わった方も、

漏れなどがないか、もう一度確認しておいて

下さいね。




特に、税金の支払い。




明日までに、振替納税(自動引落)の書類を

税務署に郵送すれば、支払は4/20になりますよ。





■消費税の落とし穴




ということで、

ここから本題。




所得税の確定申告は

3/15で終わりですが、

消費税の申告は3/31までです。




所得税と一緒に申告されている方が、

多いとは思いますが、

まだという方は、今からでも十分間に合います。




実は、

消費税は、税理士でも一番間違い、漏れが

多い科目なんです。




なので、

自分には関係ない、と思わずに、

再度確認しておきましょう。




まず、

平成21年の課税売上高を確認しましょう。




それが、

1,000万円を超えていれば、

平成23年は課税事業者、

つまり、申告が必要です。




ここで、

間違いやすいパターン、

ベスト3です。




1.事業用資産の売却があった場合




課税売上高というと、

つい「売上高」だけを見てしまいますが、

他にもありますね。




雑収入もそうですし、

事業用の資産を売却した場合、

その売却額も含まれます。



(もちろん、非課税売上は除きます)




2.税抜か税込か




売上高が、

1,000万円ギリギリという場合は、

平成21年が課税事業者か、免税事業者かで

判定が変わってきます。




平成21年が課税事業者なら、

税込1,050万円(税抜1,000万円)超で、

平成23年が課税。




平成21年が免税事業者なら、

税込1,000万円(税抜952万円)超で、

平成23年が課税。




3.過去に課税事業者選択届が出ている場合




この場合は、

平成21年の売上に関係なく、

問答無用で課税事業者になります。




そもそも、

消費税の課税事業者であったことに

気付かなかった。




そんなことあるわけないやん。




いやいや、

それが、意外にも結構あるんですよ。




思い込みは禁物。







関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
個人消費税 | 2012-03-14(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。