スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

黒字なのに消費税は戻ってくる?!

今日は、

「黒字と消費税の関係」

です!



普通に考えると、

黒字決算ということは、

少なくとも、経費より売上の方が上回っているわけです。




なおかつ、

経費の中には、課税仕入にならないもの、

人件費やら保険料やら、というものがありますよね。



それを経費から差し引くと、

実際の課税仕入は、もっと少なくなってしまいます・・・。



そしたら、

消費税が納税になることはあっても、

還付になることはありえない!

と思いますか???





でも、

実は課税仕入というのは、

経費の中だけにあるんじゃありません。





よ~く考えてみて下さい。



課税仕入、ということは

お金を払って何かを買っているわけです。



それは、

経費になるものもあれば、

もう1つ、資産になるものもあります。




この資産を買ったときにも、

当然、消費税を払っているわけです。




例えば、

建物、機械、車、などなどですね。


(ただし、土地は消費税の課税対象外になります)



こういう大きい買い物をするときには、

黒字になっていても、

消費税が還付になることがあります。




ちなみに、この4月から法律が改正され、

リースを組んだときにも、その全リース期間の

消費税をリースを組んだ時点で、全額課税仕入に

することができるようになりました!
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
基本的な仕組みと届出方法 | 2008-06-11(Wed) 20:00:25 | トラックバック:(0) | コメント:(5)
コメント
今度個人事業主としてフランチャイズ契約をするのですが、このブログのお陰でイメージが掴めました!

もし良かったら助成金や優遇される制度があったら教えて下さい。
もしくはどこで調べられるか教えて頂けませんか?
もちろんわかる範囲で構いません。
お願いしますm(__)m

今後もがんばって下さい!
2008-06-11 水  22:15:00 |  URL | じゃん #195Lvy4Y [編集]
じゃんさん、はじめまして!

管理人のくらのすけです。

こんなブログですが、全部読んで頂いたということで、
本当にありがとうございます!

何かのお役に立てれば、本当に嬉しいです!


さてさて、ご質問の件ですが。

まず、助成金からです。
創業のときに使えそうな助成金というのは、
だいたい2つか3つぐらいですね。

僕の知ってるものを書いておきますね。

●受給資格者創業支援助成金
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/b-top.html

●中小企業基盤人材確保助成金
http://www.ehdo.go.jp/gyomu/kiban.html

他にも、上のページ内にいくつか載ってます。

ただ、正直に言うと・・・
結構ハードルが高いので、実際にはなかなか難しいんです。

こういう分野の専門は、社会保険労務士さんになると思います。


また、助成金以外の優遇制度ですが、
そうですね、思いつくところでは、
国民生活金融公庫の創業融資制度あたりでしょうか。

http://www.kokukin.go.jp/sinkikaigyou/index.html

もしお考えであれば、
相談窓口もありますので、
行ってみるのもいいかもしれませんね。

以上、僕の知ってる範囲でのお返事になりますが、
よかったら参考にして下さい。

事業、うまくいくといいですね!

陰ながら応援しています!!


2008-06-12 木  22:06:17 |  URL | くらのすけ #IdYH/e2g [編集]
くらのすけさん
ありがとうございます。
けっこう厳しいですね。

読んでて疑問に思ったのですが、青色専従者者給与を払うのと…扶養に入れるのどちらが節税になりますか??
もちろん金額等によると思いますが。
2008-06-14 土  00:56:02 |  URL | じゃん #195Lvy4Y [編集]
じゃんさん、こんにちは。

青色事業専従者給与と扶養控除、
どちらが有利かというご質問についてお答えします。

おっしゃる通り、金額によりますが、
普通は青色事業専従者給与の方が有利になります。

通常、扶養控除は38万円になることが多いです。
ということは、38万円しか控除できない、ということです。

一方、青色事業専従者だと、
年間38万円以上の給与でも全然出せますので、
こちらの方が圧倒的に有利になりますね。

扶養控除の方が有利になるとしたら、
青色事業専従者給与を年間38万円未満しか
支払わない(支払えない?)場合、
ということになります。
(そういうパターンは普通は考えにくいですよね)


ただ、青色事業専従者給与もあまり出しすぎると、
今度はその本人に税金がかかってきます。

そのあたりは、自分の所得とのバランスで
考えていくことになります。
2008-06-14 土  10:01:35 |  URL | くらのすけ #IdYH/e2g [編集]
くらのすけさん
少し考えたらわかる事ですね(^_^;)
後は金額次第ですか…そこが難しい(ToT)

これからの更新楽しみにしてます!
2008-06-14 土  17:22:34 |  URL | じゃん #195Lvy4Y [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。