スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

個人事業主が親族に経費を支払ってもいい?



では、

昨日の予告通り、親族の経費について。





■同一生計か、別生計か




個人事業主が、

同一生計親族に対して、

何か経費を支払うとします。




それは、

認められると思いますか?




答えは、Noです。

ダメなんです。




専従者給与のイメージがあるので、

親族への経費はOKと思われている

かもしれませんが、あれは特例。




例えば、

親が所有する家の一部を

事務所として借りることにします。




その代わり、

いくらか家賃を支払います。




この場合、

親と自分が同一生計なら、

その家賃は経費計上できません。




(逆に、親の方でも収入にはなりません)




同一生計なら???




じゃあ、

同一生計じゃなかったら?




そうなんです。




別生計なら、

認められるんです。




親族経費については、

これが最大のポイントです。




もう1つのポイントが、

上にも少し書いた、専従者給与です。




これは、

同一生計であっても、経費として

認められる特例です。




ただ、

事前に届出が必要ですので、

実務上はそれが大事。




しかし、

別生計の親族は

そもそも経費を支払ってもOKなので、

特例である専従者には該当しません。




該当しないので、

届出なしで給料を支払うことができます。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
個人事業の経費 | 2012-02-28(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。