スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

個人事業主の経費、判断の基準はここだ!



毎年、悩まれる方も

多いと思います。




今日は、

そんな個人事業主の経費について。





■基準は、はっきりしてます




個人事業主の経費で悩むのは、

プライベートの部分も

含まれているからですよね。




基準は、こうです。




「業務の遂行上直接必要であったことが

明らかに区分することができる場合」





要は、これが全て。

以上!





というと、

話が終わってしまいますので(笑)。




ポイントは2つでしょうか。




1.直接必要なもの




個人事業主の経費、

ポイントその1。




直接か、間接か。




例えば、

自己啓発セミナーに行ったとします。




そのセミナー費用が経費になるか?




そのセミナーによって、

自分の能力が向上して、事業にも貢献するので、

経費計上!




この主張は、第一のポイントに反します。




そう、直接必要ではないからです。




自分の能力が向上して、事業に貢献、

というのは、あくまで間接的に影響しているだけで、

一般的には、直接的に必要な経費ではありません。




※もちろん、セミナーの内容により、

ケースバイケースでしょうけど。

ここでは、あくまで一例として挙げています。





2.明らかに区分することができる




個人事業主の経費、

ポイントその2。




明らかに区分できるかどうか。




またまた、

自己啓発セミナーの例。




例えば、

そのセミナーは、基本的には自己啓発セミナー、

ただし、何か業務に直接必要な部分も

含まれていたとします。




でも、

それって、明らかに区分できますか?




普通、できないです。

これが2つ目のポイントの考え方。




※しつこいようですが、

あくまで仮定の例です。






もちろん、

現実的には、判断に悩むケースも

あると思いますが、

まずは、この基準に照らして考えてみましょう。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
個人事業の経費 | 2012-02-24(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。