スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【確定申告】今から届け出したら、間に合わない?



では、

昨日に引き続き、届出期限の話題を。





■消費税・振替納税・源泉所得税




所得税ともう1つ大事なのが、

消費税ですね。




★消費税関係の届出




【適用を受けようとする課税期間の初日の前日まで】




【事業開始年は、その年の年末まで】





例えば・・・。




免税だけど、今回は還付になる

→課税事業者届出?




原則課税だけど、簡易が有利になりそう

→簡易課税届出?




簡易課税だけど、原則に戻りたい

→簡易課税不適用?




こういう有利不利を伴う選択の場合は、

後出しはできない仕組みです。




つまり、今から出しても、
 
適用できるのは、来年の確定申告から。




ただし、

開業年は、その年の年末までに出せばOK。

でも、今からではダメですね。




※「課税事業者届出」や「納税義務者でなくなった旨の届出」

などは、有利不利に関係なく、ただの報告ですので、

速やかに提出、とだけ定められてます。




★振替納税の手続き




【所得税・消費税の納付期限まで】




これは、今からでもOKです。

確定申告書の提出と同時に申請すれば、

今年の納税から、振替納税になります。




★源泉所得税納期の特例




【いつからでもOK】




確定申告と直接関係はありませんが、

一応、ご紹介。




注意点は、

提出した月は、まだ原則扱いですので、

翌月10日の納税になります。




特例になるのは、翌月分から。






関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
確定申告 | 2012-02-23(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。