スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「更正の請求」って、結局どうなったの?



ではでは、

昨日の続きです。




「更正の請求」の話。





■更正の請求が変わった、というけれど




ひと言でいうと、

これからは、申告期限から原則5年間、

(ただし、贈与税は6年間)

更正の請求ができるようになりました。




ただし、

「いつの申告から」適用されるのか、

これが問題。




結論は、

平成23年12月2日以後に、

申告期限が到来する国税についてです。




だから、

原則5年間、更正の請求が

認められるようになった、

といっても、実際はこれからの話、

ということになります。




でも、

改正法案は通ったのに、

それではあんまりだ、ということで

救済措置ができました。





■「更正の申出」とは




それは、

「更正の申出」という手続きです。




平成23年12月2日以前に、

申告期限が到来している分について、

税務署の増額更正が認められている期間内なら、

還付請求を認めましょう、というもの。




(参考)増額更正の期間(H23.12.2以前分)



所得税、消費税、相続税・・・3年


法人税・・・・・・・・・・・5年


贈与税・・・・・・・・・・・6年


(一部例外があります)






この手続きには、

「更正の申出書」という、新しい書式が

用意されています。




ただ、

所得税や消費税、相続税は、

「更正の申出書」でも、3年を超える分は

対応できません。




これについては、

今までもそうでしたが、

個別に、税務署に嘆願書を提出することになります。



(参考)


確定申告後1年以上経過~還付を受ける最終手段!!





法律には、

定められていない手続きですので、

成功するかどうかはあなた次第。




これからは、

更正の請求、更正の申出、減額更正の嘆願

の3段構え、ということになります。




また、

平成24年2月2日以後の更正の請求は、

「事実を証明する書類」の添付が必要になりますので、

こちらもお忘れなく。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成23年度税制改正 | 2012-02-10(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。