スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

還付申告、申告義務があるってどういうこと?



では、

先週の続きで、還付申告の話。





■申告義務がある?




昨日は、

申告義務のある方の還付申告も、

1/1以降であれば、提出できるようになった、

という話でした。




じゃあ、

「申告義務がある」というのは、

どういうことでしょう?




所得税の確定申告は、

絶対しなければならない場合と、

別にしなくてもいい場合とがあります。




簡単に、

給与所得の場合でいうと、

こんな場合は、絶対確定申告しないといけません。




●給与の収入金額が2,000万円を超える



●給与を1ヶ所からもらっていて、

給与、退職金以外の所得が20万円を超える



●同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から

給与のほかに、利息や賃貸料などの支払を受けた場合



などなど。





もちろん他にもありますが、

上に挙げたような方は、

申告義務のある方、になります。




今年からは、

こういう方も、1/1以降であれば、

還付申告を出せる、ということです。




(還付にならない場合は、

普通の確定申告なので、

2/16以降になります)





もう少し正確に言うと、

実務上は、今までも1/1以降に還付申告を

出すことはできました。




でも、

法律的な受付開始は2/16なので、

実際に、税金の還付手続きが始まるのも、

2/16からでした。




だから、

どれだけ早く還付申告をしても、

税金が還付されるのは、遅かったんです。




今年からは、

名実ともに、1/1以降の還付申告が

認められましたから、

申告義務のある方の還付申告については、

税金が還付されるのが、去年までより早くなります。




ひと言でまとめると、

これが結論。




まあ、

今年からは、申告義務があるとかないとか

ごちゃごちゃ考えずに、年が明けたら

還付申告できまっせ、という話です(笑)。






関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
所得税の還付 | 2012-01-23(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。