スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

介護医療保険料控除って何よ?



さて、

今日は、本題。




生命保険料控除の改正の話です。





■来年からは、3本柱




平成24年から、

生命保険料控除がリニューアルします。




改正点は、

ズバリ「介護医療保険料控除」というのが

できます。




なので、これからは、



●一般生命保険料控除


●個人年金保険料控除


●介護医療保険料控除






という3本立てになります。




それに伴って、

控除金額も変わります。





所得税は、

一般4万円、個人年金4万円、介護4万円で

限度額12万円。




住民税は、

一般2.8万円、個人年金2.8万円、介護2.8万円で

限度額7万円。




となります。




住民税だけ、

「???」と思われるかもしれませんが、

間違いではないんです。




2.8万円+2.8万円+2.8万円で

7万円にはなりませんが、

限度額は、改正前と同じ7万円とされました。





■介護医療保険料とは




今日はまず、

「介護医療保険料」とは何ぞ?

という話。




基本的に、

平成24年1月1日以後に契約した分が

対象です。




平成23年に契約したものは、

全て、一般か個人年金のどちらかになります。




で、

「介護医療保険料」の定義です。




介護医療保険契約等に係る


保険料等のうち、医療費等


支払事由に基因して保険金等を


支払うことを約する部分に係る


保険料等






となっています。




具体的には、

医療費用保険、介護費用保険、

医療保障保険、介護保障保険、

所得補償保険などが対象になるようです。




逆に、対象にならないのは、

以下のようなもの。




●普通の死亡保険


これは一般生命保険料控除の対象です。




●傷害保険


身体の障害のみに基因して保険金が

支払われるものは×。




●海外の生命保険会社と海外で契約した保険



これは、介護医療保険に限らずですが、

対象外です。






中には、

死亡保障と医療・介護保障を兼ねている

保険もありますが、

これはこれで、また細かい要件があります。




死亡保険金等が、入院給付日額の100倍を

超えるものは×。




死亡保険金等が、がんや要介護状態に

なったときに支払われる保険金等の

5分の1を超えるものは×。



などなど。




実際は、

もう少し細かい要件がありますが。




どうですか?

何となくイメージできましたか?




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
所得税 | 2011-12-06(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。