スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

生命保険料控除Q&A~まずは基本



生命保険料控除が、

来年から大幅リニューアルします。



今年の年末調整はそのままですが。





■生命保険料控除改正、その前に




税金の改正は、

改正自体が決まっても、

実施されるのが少し先、ということが

よくあります。




そのため、

忘れた頃に改正が実施されることも

しばしば。




扶養控除も然り、ですよね。




今回の生命保険料控除も

その類です。




改正自体は、

以前から決まっていたのですが、

いよいよ来年から実施になります。




その改正の話をする前に、と。




まず、

現在の生命保険料控除のおさらいと、

ポイントをまとめてみます。





■生命保険料控除Q&Aまとめ




◆誰が受けられるの?



保険料を支払った本人



※契約者は関係なし






◆どんな契約が対象?



一般生命保険と個人年金



※受取人が、本人、配偶者、親族の場合のみ


(保険料支払時点で判定)



※例えば、受取人が元妻なら×






◆どこまでの保険料が対象?



・現実に支払ったもののみ


(未払は×、過去の未納分の支払は○)



・前納は、その年の保険料に充当される金額



・年の途中で解約していても控除対象






◆控除額はいくら?



<所得税>



●一般生命保険料控除



支払保険料10万円以上で、5万円




●個人年金保険料控除



支払保険料10万円以上で、5万円




<住民税>



●一般生命保険料控除



支払保険料7万円以上で、3.5万円



●個人年金保険料控除



支払保険料7万円以上で、3.5万円




(詳しい計算表は省略します)







関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
所得税 | 2011-12-05(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。