スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

節税と脱税と租税回避~グレーゾーンの正体



みなさん、

租税回避って聞いたことありますか?




脱税とはどう違うんでしょうか?





■シロとグレーは何が違う?




まあ、簡単に言うとすれば、



節税=シロ



脱税=クロ



租税回避=グレー






といったところでしょうか。




脱税はわかりやすいですね。

税法を守らないで、不当に税金を支払わないこと。




そこには、

本当は税金を支払う要件を満たしているんだけど、

そのことを隠す、という行為が存在します。




これは完全に違法、真っ黒の話。




わかりにくいのが、

節税と租税回避、

つまりシロとグレーの違い。




まず、

節税も租税回避も、

表面上は、合法的な行為です。




だから、

グレーゾーンの”租税回避”を実行して、

これは合法的な行為なんだ!

と主張することは、あまり(?)意味がない気がします。




合法的でなければ、

それは明らかに脱税ですから。




表面的にせよ、

法律要件を満たしているからこそ、

”租税回避”、グレーゾーンの扱いになるわけです。




租税回避の問題点は、

そこにあるんじゃありません。





■グレーゾーンの問題点




じゃあ、

問題点はどこにあるのか。




それは、

「経済的合理性」です。




もっとわかりやすく言えば、

常識で考えて、という感じでしょうか。




要するに、

普通、一般的に考えて、

この取引をするのに、

わざわざこんなめんどくさいこと、

しないでしょ?




税金安くしたいがために、

こんなことしたんでしょ?




これが租税回避、グレーゾーンです。




税法には、租税回避行為を防ぐための規定も

設けられています。




例えば、

「同族会社の行為計算の否認」

という規定があります。




これは、

税法上、合法的な行為であっても、

同族会社だからこそできたような、

経済的合理性のない行為によって、

税金が減った場合には、

その行為を否認できる、というものです。



(実際に、否認されるかどうかは別として)




租税回避行為は、

長い目で見れば、いずれ法改正で

対応されることが多いです。




最近では、

アパート消費税還付(自販機節税)が

いい例ですね。




行き過ぎた節税は、

租税回避行為になります。




くれぐれも、本末転倒にならないように。。。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
息抜きの雑談 | 2011-12-01(Thu) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。