スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

決算対策の期限~ぶっちゃけいつまでなら間に合うか?



今日は、

ズバリ決算対策の話。





■何事も実行するのに2週間はかかる




何事も土壇場でバタバタすると

ろくなことがありません。




これは、決算対策でも同じです。




とはいえ、

会計入力もついつい遅れがち、

やらないとあかんのは、わかってるねんけど。




こういうこともままあります。




じゃあ、

最終的な期限、デッドラインはいつでしょう?




例えば、3月決算の場合。

少なくとも、お金を動かす決算対策は

3月中にしてしまわないと期限切れですよね。




ということは、

遅くとも3/15ぐらいまでには、

どんな決算対策をすべきか、という

メニューが揃っていないといけません。




決算対策を実行するのに、

少なくとも2週間ぐらいの期間は必要です。




できれば、1ヶ月の余裕は見ておきたいです。




例えば、

決算対策で、倒産防止共済の年払いをする、

とします。




月末25日によしやろう、となって、

いざ申込をします。




でも、恐らく無理です。

20日頃までに申し込まないと、

月末の年払いには間に合いません。




もちろん、

ギリギリでも何とかできる場合もあるでしょう。




でも、

ギリギリになればなるほど、

選択肢は少なくなってきます。




それを考えれば、

決算対策の期限は、決算1ヶ月前、

どんなに遅くとも、決算半月前までには、

最終判断が必要です。





■会計データができていない場合




期中の入力をサボっていて、

利益がわからない。




こんなときはどうしたらいいでしょう?




もちろん、

ちゃんと期限までに、決算対策をして下さい。




その場合、

まずは現状の利益をできるだけ正確に

把握することが最優先です。




そのために、

徹夜してデータを入力して下さい、

というのではありません。




●ざっと売上の請求書を集計する。


●通帳の残高、増減を確認する。


●前期と比べて、何か変わったことはなかったか。


●何事もなければ、固定費は前期とほぼ変わらないはず。




このあたりを確認するだけでも、

だいたい利益がわかってきます。




特に、

お金の残り具合から逆算すれば、

ざっくりとした利益は出るんじゃないでしょうか。




ただし、

お金の出ていかない、減価償却費も忘れずに。




要するに、

データ入力ができていようがいまいが、

決算対策はできるし、またやらないとダメってことです。




できれば、

決算3ヶ月前に、最初の決算対策ができれば

ベターです。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他節税方法 | 2011-11-25(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。