スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

新規開業した会社の実態



日本政策金融公庫では、

「新規開業パネル調査」というものを

やってます。




今日は、その話を。





■新規開業、5年後の現状は




日本政策金融公庫では、

平成18年から、「新規開業パネル調査」というのを

実施しています。




この調査の特徴は、

平成18年に開業して、公庫で融資を受けた会社

約3,000社を継続調査している点です。




もう今年で6回目の調査となります。




新規開業した会社の実態が

リアルにわかります。




それによると、

平成18年に開業して、

継続調査してきた会社のうち、

平成22年の年末までに廃業した会社が約15%。




開業後約5年で、

6社に1社が廃業ということになります。




気になる損益の方は、

だいたい60~70%、3社に2社が黒字、

という状況のようです。




この調査には、

開業時に公庫で借入しなかった会社は

含まれていませんが、

公庫の借入に成功した会社は、

まずまず順調な会社が多い、

という結果のようです。




借入金額は、

徐々に公庫が減り、民間金融機関や

自治体の制度融資に移行しているのがわかります。




開業後、従業員数も2割以上増加しています。




詳細は、下記リンク先にて。



→→→新規開業パネル調査




(参考)

→→→新規開業に関する調査結果


→→→業種別スタートアップガイド





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
経営のヒント | 2011-11-04(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。