スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

仕訳を減らして、経理をラクにする



では、昨日の続きですね。



仕訳数を減らすためには。




■まとめ記帳とキャッシュレス




入力業務を減らすためのポイント、その2。



仕訳数を減らす。




例えば、

今日、えんぴつを買いました。




1週間後、えんぴつがなくなったので、

もう1本買いました。




さらに1週間後、またなくなったので、

もう1本買いました。




これでは、仕訳は3本になります。




何が言いたいかわかりますよね。

えんぴつは、まとめてアスクルで買ってください(笑)。




半分冗談、半分本気です。

つまり、まとめ買いしましょう、と。

そういうことです。




まとめ買いなら、仕訳は1本で済みます。




電車代などの交通費も、

その都度その都度、仕訳をしていたのでは、

いくら時間があっても足りません。




最近は、ピタパなど便利なものがあります。

明細書さえ残しておけば、何月分交通費で仕訳1本、

で構いません。




クレジットカードも便利です。

明細書があれば、まとめ記帳OK。




ちなみに、

勘定科目を細かく分けすぎないのも大事。




例えば、

アスクルの例で言うと、

せっかくまとめ買いしてるのに、

「これは事務用品費、これは消耗品費、これは雑費」

などと、せっせと分けるのは意味がありません。




全部消耗品費、仕訳1本、ハイ終了です。

これぐらいのエイヤーで十分です。




従業員の経費精算が多いところも、

改善の余地ありです。




できれば、

毎回小口現金で精算なんてことは

やめましょう。




立て替えて支払ってもらって、

給与支払時に精算。




立替経費の明細書を書いてもらって、

それに基づいて、仕訳数行で終わり。





■効率性、だけでもない




仕訳数を減らして、

入力の手間を省くことは大事です。




でも、

それで犠牲になるものもあります。




入力した仕訳データというのは、

いわば、会社のデータベースです。




最近は、

エクセルで簡単に加工や分析もできるように

なりましたから、貴重な情報源になることもあります。




大事な情報をあまり簡単にしすぎて、

後から見ても、省略されすぎていてよくわからん。




こういうのも、考えものです。

まあ、要はバランスなんですが。




後からちょっと分析資料を作るかも、

というような項目は、ちょっと気合入れて入力しておく。




そうでないところは、効率重視。




繰り返しですが、

会社のデータベースを作るつもりで、

情報を会計ソフトに全て集約させるつもりで、

効率よくできるところは効率的に、

緩急つけながら、やっていきましょう。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
その他上記以外 | 2011-10-26(Wed) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。