スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

国民年金、未納分の支払は何年さかのぼれる?



これから、年金制度もいろいろと変わっていきそうです。




今日は、

そんなわけで、国民年金の情報を。





■国民年金を支払っているのは、2人に1人




現在、国民年金の納付率は

いくらだと思いますか?




厚生労働省発表の資料によると、

平成23年度分の7月末時点での全国平均は、

なんと55.2%。




約半分が未納という状態です。




都道府県別で見ると、

一番納付率が高いのが、新潟県で67.2%。




一番低いのは、沖縄県で35.1%。

新潟県の約半分です。




35.1%って、

払ってるのは、3人に1人・・・。




ちなみに、

ワースト2位は大阪府で、47.2%。




被災地より納付率が低いって、

どうなんでしょうか???




→→→国民年金保険料の納付率について





■さかのぼって未納分の支払いも可




国民年金は、

25年以上払っていないと、受給資格がありません。


(免除された期間は含まれます。)




25年に足りない方は、

未納分を支払わないと、年金がもらえないことになります。




そこで、

国民年金には、未納分をさかのぼって支払える

制度があります。




現在は、

過去2年分までさかのぼって支払うことができます。




これが、

平成24年秋から、10年さかのぼって

支払うことができるようになる予定です。



(平成24年から、3年間限りの時限措置)





ただし、

3年以上さかのぼる場合には、

保険料と別に、加算金がかかるとのこと。




納付月数の足りない方は、

追加払いを検討してみましょう。




ちなみに、

追加払いした金額は、

支払った年の、社会保険料控除として、

年末調整又は確定申告で控除できます。




→→→国民年金保険料の納め忘れがある皆さまへ





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
社会保険 | 2011-10-21(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
平成22年5月分の国民年金保険料を7月2日に納付しました。
使用期限が6月30日なので還付になるかも分かりませんと郵便局で言われましたが、還付になりますか?
2012-07-03 火  19:09:48 |  URL | ねんこ #- [編集]
ねんこさんへ


こんにちは。

管理人のくらのすけです。

お返事が遅くなり、すみませんでした。

さて、頂いたご質問ですが、
僕は税理士ですので、国民年金の詳細については、
はっきりとしたお答えができません。

直接、年金事務所等にご確認頂くか、
社労士さん等にご相談ください。

コメントありがとうございました。


管理人 くらのすけ
2012-07-05 木  21:41:11 |  URL | くらのすけ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。