スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

給与計算をあなどるな!



毎年、この時期には

あるものが上がります。




その上がるものとは・・・。





■10月の給与計算に注意!




給与から天引きされるものは、

主に5つあります。




1.健康保険料(介護保険料含む)


2.厚生年金保険料


3.雇用保険料


4.所得税


5.住民税






これらの項目には

それぞれ見直しの時期があります。




1.毎年3月分保険料から


2.毎年9月分保険料から


3.例年4月(変更なしの場合あり)


4.例年1月(変更なしの場合あり)


5.毎年6月分から






今の時期は、

厚生年金保険料の見直しです。




最近は、

毎年少しずつ料率が上がっています。




社会保険料が変わると、

玉突きで、所得税も代わりますので、

要注意です。





■忘れると、利益が減る!




中小企業では、

たまに、この見直しを忘れることがあります。




すると、どうなるか。




保険料引き上げを忘れていれば、

その分、従業員から天引きする社会保険料が

少なくなります。




でも、

もちろん、年金事務所に支払う社会保険料は

決まった金額を支払わないといけません。




不足分は、

知らず知らずのうちに、会社が負担している

ことになります。




従業員がそこそこいると、

結構な金額になることもあります。




もらえる場合は、

説明して、後から差額を天引きでもいいんですが、

現実的には難しいことも・・・。




試算表を作るときに、

年金事務所への支払額と従業員からの天引き額が

だいたい2:1になってるかどうかは、

ざっくりチェックしておきましょう。





■迷う必要はない!




社会保険料というと、

当月控除か、翌月控除か

どちらが正しいですか、と聞かれることがあります。




別に、どちらも正しいです。




一般的には、

保険料を支払うのが翌月末になるので、

翌月控除している会社が多いようです。




でも、

どちらがいいか、と聞かれれば、

僕は迷わず、当月控除がいいです、

と答えます。




なぜなら、

それは、資金繰りのためです!




どうせもらうんだから、

別に1ヶ月ぐらい、どっちでもいいんちゃう?

と思われるかもしれませんが、

経営的に資金繰りを考えれば、

選択は1つ。




もらえるものは、できるだけ早くもらう。

これに尽きます。






関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
給与計算 | 2011-10-17(Mon) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。