スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

リースのからくり~リース料率から考える、リース料の相場



リース料率って聞いたことありますか?




今日は、そんなリースの話。





■リース料率とは?



中小企業の中には、

比較的簡単にリースを利用されている

ところがあります。




でも、

リースって本当は結構高くついてます。




リースは、

どれぐらい高いのかがパッとすぐには

わかりません。




なので、

まあこんなもんか、と安易に契約してしまう

面もあるんじゃないでしょうか。




じゃあ、

リースの相場はどうやって判断するのか?




1つの目安として、

「リース料率」という数字があります。




例えば、

リース物件の価格が200万円、

リース期間が5年、

月額リース料が4万円だとします。




この場合、

リース料率は、次のように計算します。




リース料率

=月額リース料/リース物件価格






今回の例では、

4万円/200万円=2%



となります。





■リース料率は利率ではない




業界的には、

このリース料率が相場の目安となります。




リース料率はリース期間によっても

変わってくるので、一概には言えませんが、

リース期間5年のリース料率の相場は、

だいたい1.8~2%、といったところのようです。




なので、

上の例でいうと、

まあまあそんなもん、若干高めぐらいでしょうか。




ここで勘違いしやすいのが、

リース料率と借入利率というのは、

全く別物ということ。




繰り返しになりますが、

リース料率というのは、

物件価格に対する月額リース料の割合、というだけで、

年利率とは何の関係もないからです。




「こないだ借り入れした時の利率は

2%ちょっとやったから、

リース料率2%やったら、まあそんなもんか。」




いえいえ、全然そんなことはありません。




例えば、

このケースでのリース料率2%というのは、

通常の年利率に換算すると、

実は7.4%ぐらいになります。




もちろん、

単純に利率だけで比べるのは

フェアじゃないですが、

これだけ見ると、ちょっとビックリの数字です。




でも、

この7.4%ってどこから出てきた?




続きは明日です!




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
リースの活用方法 | 2011-10-11(Tue) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。