スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

月次決算を経営に活かすための5ステップ~分析編



では、昨日の続きですね。



月次決算の進め方、というテーマで

書いています。





■第2ステップ~現状把握<比較>




ということで、

ちょっと第1ステップ(事前準備)が長くなりましたが、

ここからが本番です。




月次試算表ができあがると、

まずは、現状把握から始めます。




現状を把握するためには、

今月の試算表だけを眺めていてもダメです。




現状=自分の立ち位置

を知るための方法は、基本的に次の3つです。




●自分の過去の立ち位置と比べる


●自分が過去に予想した立ち位置と比べる


●他人の立ち位置と比べる






1つ目は、前期比較。



2つ目は、予算比較。



3つ目は、同業者比較。




同業者比較は、ちょっと難しいですから、

普通は、前期比較と予算比較が中心です。




予算は、

ざっくりとしたもので構わないので、

中小企業でも、ひとまず作っておくことをおすすめします。




これがあるのとないのでは、

月次決算の”厚み”が変わってきますので。




※同業者比較は、細かい数字ではなく、

おおまかな「率」でなら、比べられると思います。



例えば、

粗利率や労働分配率、客単価などなど。





■第3ステップ~原因分析<分解>




現状把握ができたら、

今度は、原因分析です。




どうして、

今の立ち位置になったのか、ということです。




基本は、

徹底的に「差額」を調べること。




●前期との差額


●予算との差額






ここで、

より詳しく差額を調べようと思うと、

数字を掘り下げていくことが必要になります。




数字を掘り下げる=分解です。




では、

試算表を分解する方法は?




それは、部門別の試算表を作ることです。

部門=切り口はいろいろ会社によって違うと思います。




●事業別


●営業所別


●担当者別


●地域別


●商品別


●取引先別




中小企業では、

あまり細かく正確に分けることは難しいでしょうし、

またすべきではありません。




とりあえず、ざっくりとおおまかに。


まずはやってみなはれ、です。




部門別試算表があれば、

より深く、差額分析ができます。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
経営のヒント | 2011-09-30(Fri) 00:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。