スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

住民税の支払を延ばす方法

6月から変わることと言えば・・・。

個人の住民税ですね。



特別徴収の場合は会社に、

普通徴収の場合は個人に、

通知書が届きます。



特別徴収の場合には、

今月分徴収の住民税から、

金額が変わりますので、チェックしておいて下さい。



初回分は端数が加算されている場合が多いですから、

7月分の住民税も金額が変わりますね。



中小企業では、普通徴収を選択して

住民税の納付は、各個人に任せている

というケースも実際にはあります。



ただ、最近の流れとしては、滞納防止のため、

特別徴収重視の方向になってきていますので、

ご注意を。




ところで、

特別徴収になると、何がメンドウって

毎月の納付が大変なわけですが、

これを源泉所得税と同じく、半年に1回の納付に

切り替えられる「納期の特例」があることは

あまり知られてません。


(従業員数常時10人未満の場合のみ)



もちろん、

まとめ払いは支払う時に大変ですので、

必ずしもお勧めはしませんが、

ケースバイケースで検討してみて下さい。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
給与計算 | 2011-06-14(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。