スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

あなたの決算、チェックリストをパスできますか?

「チェックリスト」の話。

→→→融資を受けるための決算、4月からの新常識!

→→→社長さん、「会計チェックリスト」ってご存知ですか?

→→→政策公庫でもチェックリスト割引開始、ただし注意点あり!



では、チェックリストに◯が付くような決算とは、

具体的にどんなところに気を付ければいいでしょうか???



全てはご紹介できませんが、

そのうちのいくつかをピックアップします。



■貸倒引当金

取立不能のおそれがある金銭債権がある場合、

その取立不能見込額を貸倒引当金として計上したか。





赤字の場合に、

貸倒引当金を計上しないこともあると思いますが、

これからは、計上必須ですね。



■減価償却

減価償却は経営状況により任意に行うことなく、

継続して規則的な償却を行ったか。





これは、いわずと知れた減価償却。

今後は赤字だから減価償却しない、では

余計に自社にとって不利です。



■収益・費用

収益及び費用については、一会計期間に帰属するすべての収益と

これに対応するすべての費用を計上したか。





当たり前のことですが、

収益、費用も適正に計上することが大前提です。

「一会計期間に属するすべての」です。



この4月からの政策公庫チェックリスト適用には、

ちょっとした伏線がありました。



明日はその話です!




※チェックリストは、個人事業主には適用されません。

なので、個人事業主の方は残念ながら、金利割引等もありません。

これは、法人のメリットということになります。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
中小企業のための融資情報 | 2011-05-26(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。