スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

損益分岐点を10秒で計算する方法~応用編

損益分岐点の話など、いろいろ。

→→→健全などんぶり勘定~デキル社長は持っている

→→→試算表のチェックは、社長の仕事

→→→損益分岐点の基本は、「率」と「額」

→→→損益分岐点を10秒で計算する方法~固定費編

→→→損益分岐点を10秒で計算する方法~変動費・計算編


今日は、

損益分岐点を活用して、数字に強くなるための

応用編です。


●基本公式

【損益分岐点売上高】=【固定費】÷【変動費率】


(超速計算モード)

【損益分岐点売上高】

=(【販売費及び一般管理費】+【支払利息】)÷【粗利率】


※一部業種などでは、このまま使えない場合があります。(以下同様)




●売上がいくら下がれば(増えれば)、赤字(黒字)になるか

【損益分岐点売上高】÷【実際の売上高】


(例1)4,000万円÷5,000万円=80%

→売上20%以上ダウンで、赤字


(例2)4,000万円÷3,000万円=133%

→売上33%以上アップで、黒字


※他の条件が変わらない場合





●黒字化するために必要な粗利率

【固定費】÷【損益分岐点売上高】


(例)500万円÷1,000万円=50%

→粗利率50%以上で、黒字





●売上が20%下がると、利益はどれだけ下がるか

20%×【粗利益】÷【利益】

※【利益】=粗利益-販売費及び一般管理費-支払利息


(例)

売上高1,000万円 粗利率30% 固定費100万円の場合

粗利益=1,000万円×30%=300万円

利益=300万円-100万円=200万円


20%×300万円÷200万円=30%

∴売上が20%減ると、利益は30%減る


(検算)

売上高1,000万円×80%=800万円

粗利益800万円×30%=240万円

利益240万円-100万円=140万円


140万円÷200万円=70%→30%ダウン





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
決算書の読み方 | 2011-05-16(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。