スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

寄付金控除まとめ~所得税の対象となる支払先

この震災で寄付をされた方も多いと思います。


寄付をされた方は、

来年の確定申告で、寄付金控除を受けることができます。


(所得税については所得控除、住民税については税額控除)



金銭的な話になってしまいますので、

不快に感じられる方もいらっしゃるかもしれません。



ただ、

これはあくまで、損得勘定やモラルの問題とは別に、

重要な手続きの1つとしてお伝えしておきたいので、

記事に取り上げることにしました。



具体的な計算方法は、またご紹介しますが、

計算のポイントになるのは、2つ。



■寄付金の支払先

■寄付金の金額





最初は、

寄付金の支払先についてですが、

寄付金控除の対象になる支払先は限定されています。



また、

所得税と住民税で対象となる支払先が違います。



つまり、

所得税では寄付金控除の対象になっていても、

住民税では対象外、ということがあります。



まず、

所得税で寄付金控除の対象になるのは、

主には、次のような寄付金です。



●国や地方公共団体に直接したもの


●日本赤十字社の「東北関東大震災義援金」口座に直接寄付したもの


●新聞・放送等の報道機関に対して直接寄付したもので、

最終的に国や地方公共団体に拠出されるもの


●中央共同募金会の「各県の被災者の生活再建のための義援金」

として直接寄付したもの


●中央共同募金会の「地震災害におけるボランティア・

NPO活動支援のための募金」として直接寄付したもの


などです。(上記は一例)




(参考)

「東北地方太平洋沖地震に係る義援金等に関する税務上の取扱いについて」



明日に続きます。




ガンバレ日本!ガンバレ東北!


子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、

レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、

お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の

背中に向けてかけた、ありがとうございます、という声が震えてました。

@matsugenさん twitterより



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
災害にあった場合 | 2011-03-30(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。