スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

【確定申告特集】 医療費控除Q&A(ぱーと1)

なんと、今日からもう3月ですね!

というわけで、今日は確定申告の話題を。


→→→確定申告する人・しない人

→→→確定申告しないとどうなるの?

→→→確定申告しないとダメな理由

→→→確定申告の前に、ちょっと目を通しておくといいです

→→→確定申告、消費税の落とし穴



還付申告会場の応援に行くと、

多いご質問の御三家は、

「医療費控除」「住宅ローン控除」「株式譲渡、配当」

この3つです。



今日は、

この中から医療費控除を取り上げてみようと思います。


とりあえず、Q&A形式でドドンとお送りします。




Q.どれだけ医療費があれば、受けられるの?


一般的には、年間10万円以上。


ただし、総所得金額等が200万円未満の方は、

総所得金額等の5%を超えてれば、OK。





Q.頑張って領収証集めて、税金はどれぐらいトクする?


医療費の合計が、10万円(もしくは総所得金額等の5%の低い方)を

超えた分×税率分です。


最低でも、所得税の最低税率5%+住民税10%=15%。

所得が高ければ、税率も上がるので、それ以上。


ただし、そもそも他の控除だけで所得税が0になるとか、

源泉所得税を引かれていない、とか、そういう場合は、

それ以上戻ってくる税金もありませんので、あしからず。





Q.医療費控除って何か所得制限とかある?


所得制限はなし。ただし、200万円が限度。

(1回だけ見たことあります、200万円の医療費控除・・・)





Q.自分以外の医療費もOK?


同一生計親族ならOK。

同一生計というのは、同居以外でも仕送りしてるとかなら大丈夫。

ざっくり言うと、同じサイフで生活してるかどうか。


基本的には、所得の高い方が受けるのがオトク。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
医療費控除 | 2011-03-01(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。