スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「正しい利益」ってなんだろう?

今日も、またまた。

→→→「見栄えのいい」決算書ができれば、それでいいの?

→→→「目的」と「手段」、「現在」と「将来」

→→→融資の原則、基本3ヶ条

→→→それでいいのか、中小企業!!



先週は、

そもそも決算書は「作る」ものじゃない、

という話をしました。



僕がこの業界に初めて入ったときに、

一番驚いたことは、

「現場では利益が作られている」、ということでした。



中小企業の場合、

そもそも「正しい利益」がいくらなのか、

というのがよくわかりません。



「正しい利益」がいっぱいあるからです。



ぶっちゃけ、

プラスマイナス数百万円の範囲なら、

いとも簡単に調整可能な場合もあります。



それは、会社の有利選択が認められているからです。



合法的に認められた方法を使いながら、

”有利な”決算書を作っていく、

それも戦略の1つです。



ただ、

決算書の”合法的修正”を繰り返すと、

経営者もやがてはそれに慣れてしまい、

極論すれば、それはモラルの低下を招きかねません。



中小企業の現場ってそんなもんでしょ、

といえば、それまでですが。



そういう姿勢を変えていくことが、

最終的には事業継続につながり、ひいては自分のためにもなる、

ということじゃないでしょうか。



この不況の時代、

ほんとに前を向いて、頑張って乗り切っていくためにも、

それって結構大事なのかなって。



そんなことを考えた次第です・・・。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
決算書 | 2010-11-29(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。