スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「目的」と「手段」、「現在」と「将来」

では、ちょっと先日の続きを。

→→→「見栄えのいい」決算書ができれば、それでいいの?


上の記事でも書きましたが、

「融資を受けやすい決算書の作り方」というのは、

確かにあります。



ただ、これには2つ問題があります。


1つ。


「融資を受けやすい決算書」を作って、

赤字にも関わらず、無事融資を受けることができました。

バンザイ!よかったよかった!



では、全然ダメだってことです。



融資を受けることが目的じゃありません。


目的は、事業を継続させること。



今は業績が悪いけど、

これからはこうやって利益を伸ばしていく。



そのためには、

今、一時的にこれだけの資金が必要。



その資金の使い道はこうこうで、

今後、これだけの利益から返済することが可能。



でも、

現状の決算書ではなかなか融資は

厳しいかもしれない。



そういう段階になって初めて、

融資を受けるための決算書作りが

生きてきます。



融資はあくまで手段に過ぎません。


融資を受けることが目的になってはダメなんです。



もちろん、現実はそんなに甘いものではなく、

きれいごとでは済みません。



とにかく今を乗り切らなきゃ、明日も来ない、

という切羽詰まった状況もあります。



でも、

そういう時だからこそ

自分を客観的に見る目が大切だと思います。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
中小企業のための融資情報 | 2010-11-24(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。