スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

融資を受けやすい決算書の作り方<決算書の賞味期限>

今日も、やっぱり融資を受けやすい決算書作りの話。

→→→融資を受けやすい決算書の作り方<何より自己資本>

→→→融資を受けやすい決算書の作り方<債務超過を回避せよ>

→→→融資を受けやすい決算書の作り方<2期連続赤字を回避せよ>

→→→融資を受けやすい決算書の作り方<当期利益は赤字でも・・・>


融資を受けやすくするための決算書の

ポイントについて、いくつかご紹介してきました。


今日は、その他のポイントについて。


まずは、税金、社会保険料の滞納。



特に、税金の滞納があると、

門税払いされる可能性が高いです。



融資を受けるかもしれない、

という場合には、資金繰りが苦しくても、

税金だけはきっちり払っておく方が無難です。



他には、役員貸付金。



仮払金や立替金なども同じですが、

要するに、融資してもそのお金がどこに使われるか

わからない、という状況だと、

やっぱり金融機関には嫌がられます。



決算時には、役員貸付金が残らないように、

事前にスケジュールを組んでおきましょう。



また、

今期の決算はまあまあ良かったけど、

次の決算はどう頑張っても悪そうだ、という場合。



良い決算書の賞味期限が切れないうちに、

融資を申し込む、というのもアリです。



次の決算直前になって融資を申し込んだ場合、

直近の試算表だとか、決算が終わってからとか、

そういう話になりがちですので。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
決算書 | 2010-11-19(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。