スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

融資を受けやすい決算書の作り方<当期利益は赤字でも・・・>

今日も、またまた融資を受けやすい決算書作りの話。

→→→融資を受けやすい決算書の作り方<何より自己資本>

→→→融資を受けやすい決算書の作り方<債務超過を回避せよ>

→→→融資を受けやすい決算書の作り方<2期連続赤字を回避せよ>


では、前回の続きです。


そうやって、膿を出し切った赤字の翌年は

黒字にしやすいはずです。



ただ、

あらゆる手段を駆使して、それでも厳しい場合。



最終利益は赤字でも、

経常利益や営業利益だけでも黒字にできないか、

考えてみて下さい。



つまり、

同じ経費でも、

何か特別損失で計上できるものはないか。



同じ収入でも、雑収入じゃなく、

売上や、販売費一般管理費のマイナスで計上できるものはないか。



利益は、全部で5種類あります。



上から、

売上総利益→営業利益→経常利益→税引前利益→当期利益



もちろん、

ベストシナリオは、当期利益が黒字になること。



ですが、

それがダメなら、途中経過で勝負するわけです。



もちろん、

それが有効かどうかは保証の限りではありませんが、

全部が赤字、というよりはいいじゃないですか!



収入はできるだけ、損益計算書の上の方に持っていきます。

(上で書いたように、経費のマイナスにする、という手もあります。)



逆に、経費はできるだけ、損益計算書の下の方に持っていきます。

もちろん、粉飾、ごまかし厳禁です。



あくまで、常識の範囲内、ルールに則ってやって下さいね。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
決算書 | 2010-11-18(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。