スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

扶養控除改正に向けて、個人事業主ができること

では、昨日の続きです!

→→→来年から変わるんですが、覚えてますか?



今、年末に向けて、

来年の税制改正についての議論が行われてますが、

来年の扶養控除改正というのは、

既に過去の税制改正で決まったことですので、

今後の議論に関係なく、実施されることになります。



じゃあ、

それに向けて、個人事業主が事前に対策を打って

おけることは、何かないでしょうか???



ちょっと考えてみました。。。



やっぱり、事業専従者給与の見直しでしょうね。



扶養控除の縮小で、

個人事業主本人の所得は、もちろん増えることが

予想されます。



その増えた分は、

事業専従者給与をある程度増額する、

ということが考えられます。



この場合、個人事業主の節税だけを考えるんじゃなく、

個人事業主と事業専従者を合わせたところで、

最大に節税できる金額を探しましょう。



事業専従者給与の増額といっても、

もちろん、妥当な金額の範囲内じゃないと認められませんので、

無制限にできるわけじゃありませんが。



事前に届け出た、事業専従者給与の金額も

確認しておいて下さい。



届出金額以上に増額する場合には、

新たに届出し直す必要がありますので。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
平成22年度税制改正 | 2010-10-22(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。