スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

設立1期目の役員報酬はどうするの?

役員報酬というのは、

現在、「定期同額」というのが原則になってます。



つまり、

基本的には、期中で報酬金額を上げ下げするのは

認められない、となってます。



役員報酬を変更できる時期は、年に1回。



それは、

事業年度が始まってから3ヶ月以内です。



この期間内なら、役員報酬の変更ができます。

ここで決まった金額を期中払い続けるわけです。



じゃあ、ここで素朴な疑問。



設立1期目の役員報酬ってどうなるんでしょうか???



会社を立ち上げて、最初の1期目というのは、

最初から売上がバッチリ上がっているとは限りません。



むしろ、そうでないことの方が多いと思います。



そういう状態でも、事業年度開始から3ヶ月以内に

報酬を決めて、支払いはじめないといけないのか、ということです。



売上がない状態では、役員報酬を決めるにも

決めようがない面もあります。



これについては、

今のところ、すっきり明快な見解は出ていません。



法律上は、あくまで「定期同額」としか書かれてませんので、

設立1期目でも3ヶ月以内に決めて、支給を開始するというのが原則。



ただし、

実務上は、設立後3ヶ月以内に、

株主総会で「いつからいくら支払う」としていれば、

例えば、売上が上がる6ヶ月後から支給し始めても、

認められるんじゃない?という意見もあります。



悩ましいところです・・・。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
役員報酬の注意点 | 2010-10-19(Tue) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。