スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

平成23年度税制改正の目玉は・・・

昨日は、税制改正の話でした。

→→→税制改正ってどうやって決まるの?


じゃあ、

具体的に、来年の税制改正はどうなるんでしょうか???



話題になっているのは、

やっぱり法人税の引き下げですよね。




法人の方はもちろん、

個人事業主の方も今後、法人成りを考える上で、

重要なポイントです。



現在の法人税率は、原則30%。



あれっ?

よく、法人実効税率が40%とか聞くけど・・・



それは、法人税だけじゃなくて、

地方税も入るからですね。



法人事業税と法人住民税も入れると、

そのぐらいの税率になってきます。



ただし。



中小企業は、もちろん優遇措置があります。



資本金1億円以下の中小企業については、

所得800万円以下の部分に対して、

現在、18%の税率になっています。




これは、

もともと22%の税率だったのですが、

平成21年度税制改正で、「一時的に」18%にする改正が

行われました。



「一時的」???



そうなんです、

実はこれ、「平成23年3月31日までに終了する事業年度」

までの時限措置なんです。




つまり、来年3月末で期限切れ、というわけ。



なので、

間違いなく、来年の税制改正では、

その後をどうするか決めないといけません。



明日に続きます!



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
税制改正最新情報 | 2010-09-22(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。