スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

償却率1.0の秘密

では、昨日の続きです。


償却率1.0とはどういうことでしょうか???



つまり、


2年償却なのに、1年で償却できてしまう


という、魔法のような話です(笑)。



これについては、

別に金額の制限があるわけでもないので、



極端な話、500万円でも、1,000万円でも、

2年償却なら、1年で落とせてしまうわけです。



これがいわゆる、「4年落ちのベンツ」の話です。



「4年落ちのベンツ」を節税に使う人もいますよ、

と話をすると、



「えっ?!ベンツだけ特例があるの?」

とびっくりされたこともありますが、

そんなことはありません(笑)




ベンツであろうが、トヨタであろうが、構いません。


”4年落ち”というところがミソなわけですから。




でも、大事な注意点を1つ。




逆に、償却率1.0だからといって、

必ず1年で全部償却できるわけでもないんです。


(何か禅問答のような話になってますが・・・・・。)



この償却率1.0というのは、

1年間まるまる資産を事業に使った場合の話です。




事業年度の途中で、

例えば、ちょうど真ん中で中古自動車を買ったとすると、

減価償却費はまるまる1年分は計上できません。



半年しか、車を使ってないからです。


この場合は、実質的な償却率は0.5ということになります。



1年で全部償却できるのは、

ちょうど期首に買ったときだけ、ということになりますね。


そういう意味では、

普通はやっぱり”2年”償却になってしまうわけですが。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
減価償却の活用方法 | 2008-05-10(Sat) 10:54:12 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。