スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

生命保険とうまく付き合うための心得

もうちょっとお付き合いを・・・。

→→→個人事業主と法人、保険で節税するならどっち?

→→→経費になる保険とならない保険

→→→「保険料」が出てこない保険の話

→→→保険の経理処理3パターン、最後は・・・

→→→がん保険にも聞こえる改正の足音?!

→→→逓増定期→がん保険、歴史は繰り返す・・・



法人が生命保険に入る目的は、

たいていの場合、節税目的です。



では、なぜ生命保険に入ると節税できるんでしょう???



保険料が経費になるから?



まあ、そうなんですが、

それだけではただお金が出ていっただけですよね。



保険はうまく使うと、

後で解約等した場合に、支払った保険料の一部が

戻ってくることがあるからです。



だから、

保険料を支払って節税しても、

結果的にはそんなに損をしない・・・?



ん?ホントでしょうか???



ここで、2つポイントがあります。



節税には、

「完全節税」と「繰延節税」の2つがあります。



保険の節税というのは、実は「繰延節税」。



なぜなら、

最終的に保険金をもらう、もしくは解約返戻金をもらう

ときには、収入として課税されてしまうからです。



課税時期を後ろにずらして、

先送りにしてるだけなんです。



そういう意味で「完全節税」ではありません。



そのときに、役員退職金を出すとか、

何かホントの「節税対策」を考えないといけないわけです。



ポイント2つ目。



昨日も書いたように、

保険の税務上の取扱いは、時代とともに改正されます。



今日の「節税商品」が、明日も「節税商品」とは限りません。



保険と付き合う限り、その運命からは逃れられません。



でも、

保険はうまく使えば、節税にも経営にも役立ちます。



それは間違いありません。



食わず嫌いもダメだけど、過信は禁物。


適度な距離感で、うまく利用するのがコツです。




まあ、何でもそうかもしれないですが(笑)。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
生命保険を使った節税 | 2010-09-16(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(1)
コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
2010-10-05 火  15:30:23 |  URL | 生命保険の選び方 #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。