スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

逓増定期→がん保険、歴史は繰り返す・・・

今週は保険の話です。

→→→個人事業主と法人、保険で節税するならどっち?

→→→経費になる保険とならない保険

→→→「保険料」が出てこない保険の話

→→→保険の経理処理3パターン、最後は・・・

→→→がん保険にも聞こえる改正の足音?!


では、昨日の話をもう少し詳しく。


どうやら、

国税庁から生命保険業界に対して、

がん保険の実態を調べたいから、資料を出してほしい、

という依頼があったようなんです。




ということは、どういうこと?



やっぱりそういうことでしょう!(笑)



まあ、

少なくとも来月、再来月ということはないと思いますが、

来年中とか2年後とか、いつかはわかりませんが、

がん保険の全損扱いがなくなるかもしれません。



最近でいうと、

逓増定期保険の改正もありました。




これも、改正が行われるまでは、

節税商品の王様だったわけですが。



どういう商品かというと、

「逓増」定期ですから、年数が経つに従って、

保険金額がだんだん増えていきます。



保険金額が増えていく、ということは

普通、保険料も増えていくもんですよね。



でも、逓増定期の場合、保険料は増えません。



どういうことかというと、

保険期間中の全体の保険料を平準化して、

毎年均等の保険料に「あえて」しているからです。



そうすると、

保険期間の最初の頃は、保険金額が少ないのに、

保険料は平準化された金額を支払ってますから、

いわば「払い過ぎ」の状態になってるわけです。



その払い過ぎの期間中に解約すると、どうなるでしょう?



当然、払い過ぎの部分が戻ってきます。


それが、解約返戻金です。



まあ、簡単にいうとこういう仕組みで節税していたのが、

逓増定期でした。



それも改正により、

今ではほとんどが「1/2損金」や「1/4損金」に

なってしまいましたが。



明日は、保険節税のカラクリをもう少し。

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
生命保険を使った節税 | 2010-09-15(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。