短期前払費用のトリセツ~前払費用と前払金の違い

ではでは、昨日の続きです!

→→→今週は、短期前払費用の”トリセツ”

→→→短期前払費用のトリセツ~そもそも前払費用って何よ?

→→→短期前払費用のトリセツ~前払費用の正体


昨日は、

「短期前払費用の特例」を理解するにあたって、

じゃあ前払費用って何よ!

というところをご説明しました。



前払費用と似て非なるものとして、

「前払金」というのがあります。



当然ながら、前払金では、

特例を受けることはできません。



例えば、

商品を買う時に、

お金を先に支払うことがあります。



でも、これは前払費用ではなく、

前払金なので、特例は×。



実は、この2つを区別するときに、

重要なキーワードがあります。



それは、「等質等量」です。




原則、「等質等量」なものは前払費用、

そうじゃないものは前払金です。



例えば、

家賃、保険料・・・。



こういう前払費用になるものは、「等質等量」

つまり、毎月毎月受けるサービスの内容が一定してるんです。



逆に、「等質等量」にならないものは、

税理士への顧問料、広告代・・・。



こういうものは、たとえ前払いしても、

サービスの内容が一定(=等質等量)じゃありません。



だから、短期前払費用の特例は使えません。



これがOKなら、

節税対策に、税理士の顧問料を前払いしませんか?

という提案ができることになりますから(笑)。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
短期前払費用を使った節税 | 2010-09-02(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース