スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

短期前払費用のトリセツ~前払費用の正体

今週は節税の定番、

短期前払費用の話です!


→→→今週は、短期前払費用の”トリセツ”

→→→短期前払費用のトリセツ~そもそも前払費用って何よ?


まずは、「前払費用」を正しく理解しましょう。


以下、順番にポイントを整理!


★一定の契約に基づき


この特例を使う場合には、

契約を結んでいることが前提です。


税務調査のときには、契約書がないとアウトです。



★継続的に役務の提供を受けるために支出した費用


この短い文章の中に、

ポイントが3つあります。


まずは「継続的に」、という部分。


前払費用は、

継続的に役務の提供を受けるものじゃないとダメなんです。


言いかえれば、単発モノ、一発モノは×。



次に、「役務の提供」という部分。


つまり、「商品の売買」ではダメなんです。

「役務の提供」じゃないと。


平たく言うと、「サービスを受ける」ということですね。



最後は、「支出した」という部分。


「前払費用」ですから、当然払ってないとダメです。

未払いでは、認められません。


支出した、というのはそういう意味です。


(実は、この「支出」という言葉にはもう少し種明かしが

あるんですが、それはおいおい・・・。)



★当該事業年度終了の時において、まだ提供を受けていない役務


これは、わかりますよね。


「前払い」ですから。



ちょっと「前払費用」の正体が見えてきました!


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
短期前払費用を使った節税 | 2010-09-01(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。