スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

今週は、短期前払費用の”トリセツ”

今週は、

定番の節税ネタについて、

使用上の注意点などを、いろいろ書いてみようと思います。



法人、個人問わず、

節税の定番の1つと言えば・・・。



「短期前払費用の特例」



ですね。



普通に考えると、

来期の経費を今期中に前払いしても、

それは、あくまで来期の経費ですから、

今期の経費にはできない、というのが原則です。



この場合、

その支払った経費は、「前払費用」という資産になります。



そして、資産のまま来期まで持ち越し、

来期になれば、経費に振り替えて経費化する、という流れです。



でも、

正直、細かい費用までいちいちそんなこと

してられないですよね(笑)。



というわけで、

前払費用の中でも、ある程度要件を満たすものについては、

支払ったときの経費としてもいいですよ、

という特例があります。



それが、「短期前払費用の特例」というわけです。



まあ、ウダウダ言うより、

具体例を挙げる方が早いですよね。



例えば・・・。


●保険料の年払い

●家賃の年払い

●倒産防止共済の年払い  などなど



まだまだ本題はこれから。

明日に続きます!


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
短期前払費用を使った節税 | 2010-08-30(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。