スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

自動車経費、事業用と個人用の分け方

今週は、自動車経費について。


→→→税務署に否認されない、車経費の計上の仕方

→→→事業用と個人用をどうやって分けるか?



ある程度の規模の会社では、

営業が自分の車を使って仕事したときに、

ガソリン代等を支給するようなシステムに

なってる場合があります。



旅費規程などで、

「1キロ当たりいくら」と決めて、

ガソリン代を精算するようなやり方です。



この場合、

会社側は営業に、「運転日報」のようなものを

提出してもらいます。



要するに、

どこへ行くのに、どれだけ移動して、

といったことを書くわけです。



個人事業主でも、このやり方は使えます。



少々手間ですが、

走行距離を残しておけば、これ以上の証拠はないですからね。



これで、事業用の使用割合が出ます。

後は、その割合分を経費として計上すればOKです。



それは、ガソリン代だけじゃなく、

自動車税やら保険料やらもその割合で計上できます。



問題は、車本体の購入費用です。

これは、減価償却で費用化していくことになります。



減価償却費のうち、事業用の使用割合に対応する部分は

経費計上OKです。



・・・と書けば、けっこう単純ですが、

実際に申告しようとする、ちょっと???という場合が

出てきます。



明日に続きます。




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
個人事業の経費 | 2010-07-22(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(3)
コメント
 はじめまして
車両関係でお聞きしたいのですが

社長 1名、社員1名の企業で

社長が社用車にて通勤している場合
これは、社長に対して現物給与相当額の課税が
されるのでしょうか。

ガソリン代は会社支払です。
2012-07-25 水  16:46:46 |  URL | かず #obWbQ39E [編集]
かずさんへ


こんにちは。

管理人のくらのすけです。


コメントありがとうございます。


ほとんど業務に使っていないということであれば、

当然問題になります。


その場合、

車の減価償却、税金、保険料、ガソリン代など

関連する経費が否認される可能性があります。



業務用として使用している、ということであれば、

実務上は、現物給与課税まではされないことが

多いと思います。



ケースバイケースですので、

明確にはお答えできませんが、

ご参考にになれば幸いです。



管理人くらのすけ
2012-07-26 木  21:00:36 |  URL | くらのすけ #- [編集]
 
ご回答ありがとうございました。
2012-07-27 金  13:00:59 |  URL | かず #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。