スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

減価償却しないって、ぶっちゃけどうよ?

赤字のときの減価償却の話、3日目です。

復習したい方はこちらへどうぞ!

→→→→→ 1日目
→→→→→ 2日目


注意点その3。


それはズバリ銀行です。


減価償却しないで黒字になっていても、

銀行的には、あまりベターとは言えませんよね。


同じ金額の利益を出している会社どうしでも、


減価償却をちゃんと計上してその利益、というのと、

減価償却せずにその利益と、というのでは、


やっぱり同じラインでは比べられないですから。



ということを考えれば、

銀行側も、

減価償却後の利益に直した上で、

本当の利益を見ているんじゃないか、と思います。


何年分かの決算書を並べてみれば、

減価償却をちゃんとしてるかどうか、

というのはだいたいわかるものです。



貸借対照表には、

建物、建物附属設備、機械、車両、備品

なんかの固定資産が上がっていますよね。


少なくとも、

そういう固定資産がある、ということは、

減価償却が0では、おかしいわけです。



モノによって、償却年数は違いますが、

過去の決算書から、

減価償却費を固定資産の簿価で割れば、

だいたいの償却率は分かります。


それを何年分か計算すれば、

毎年ちゃんと減価償却してるかどうかは、

何となく分かります。


その上で、

前期に比べて固定資産が増えているのに、

減価償却費は減ってる、とかいうことになると、

やっぱり、ちゃんと減価償却してないなー、

となります。


まあ、

銀行の方が本当にそこまで見ているかどうか、

というのは分かりませんが。


実際、減価償却をしててもしてなくても、

資金繰りには影響しません。

(減価償却費はお金の伴わない経費だからです)


でも、その気になれば、

分かるものだとは思います。



ただ、場合によっては、


「減価償却してなくてもいいですから、

とにかく黒字にして、債務超過だけは避けてください!!」



というようなこともありますが。


いずれにしても、

銀行側の視点、というのも

意識しておいた方がいいと思います。

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
減価償却の活用方法 | 2008-05-07(Wed) 21:20:05 | トラックバック:(0) | コメント:(2)
コメント
減価償却について3回分見させて頂きましたが、とても分かりやすかったです!
勉強になりました。ありがとう!!
2012-03-15 木  19:19:30 |  URL |  #- [編集]
わざわざコメントありがとうございます!

> 減価償却について3回分見させて頂きましたが、とても分かりやすかったです!
> 勉強になりました。ありがとう!!


そう言って頂けると、本当にうれしいです。

その言葉のために、やっているようなもんですから。
励みになります。

ありがとうございました。


管理人 くらのすけ

2012-03-17 土  08:43:33 |  URL | くらのすけ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。