スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

赤字でも逃れられない宿命・・・

はや6月半ばですね。



さて、

「そろそろ心の準備を」

と書いたのを覚えてますか???


→→→6月はこんなことあります。



日本には、

赤字でも容赦なく取られる税金があります。



それは・・・



●消費税

●源泉所得税

●社会保険料





大きくは、この3つですね。



社会保険料も税金みたいなもんです。



ゆくゆくは、税務署と社会保険事務所も

統合される方向のようですし。




細かいことを言えば、


●固定資産税

●自動車税

●印紙税


などなど、いろいろありますが。



消費税は、

それぞれの決算期によって、支払時期は違いますが、

もうすぐドカッと支払がやってくるのが、

源泉所得税と労働保険料。



源泉所得税については、

従業員数が10人未満なら、半年に1回の納付でOKという

「納期の特例」があります。



これを選択していると、

1月~6月分の源泉所得税は、7/10までに支払えばいい

ということになってます。



労働保険料については、

1年分の保険料を7/10までに前払いすることになります。



「7/10」というのは、

中小企業にとって鬼門なんです。



決算時に支払う税金にはすごく敏感でも、

源泉所得税や特に労働保険料なんかに対しては、

けっこう無防備だったりするもんです。



「実は、7/10までに労働保険料、

これだけ支払わないとダメなんです」


とお伝えすると、


「なんじゃそれ?!聞いてないよ!!!」


という苦い経験は、一度や二度じゃありません(汗)



これまでにも書いてることですが、

資金繰りをラクにするには、

支払を分散させること!



もし法律上、それができないなら、

毎月、別口座にお金を分けておくこと。



家計のやりくりでも、よくありますよね。

封筒を用意して、1ヶ月の生活費をあらかじめ

それぞれの項目の封筒に振り分けておくってやつです。



これは、会社でも使えます。



もうちょっと明日に続きます。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
資金繰り | 2010-06-14(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。