減価償却費で黒にも赤にもなるのが中小企業

今日は、減価償却全体の話です。


金額の大きい資産を買った場合、

30万円未満なんかの特例を除けば、

いきなりその全額が経費になるわけじゃありません。


そのモノの種類によって、

税務署が決めた年数で、

減価償却していくことになります。


それが減価償却ですね。


要するに、

資産の価値は年々減っていきますから、

その目減り分を経費にしていく、ということです。



でも、中小企業の中には、

減価償却しない(というかできない?)会社も

けっこうあります。




そうです、黒字を出すために、です。



これは、中小企業の特権でしょうか。


もちろん、上場企業でこんなことしたら、

違法な粉飾決算ですからねー。



ただ、法人の税金を計算する上では、

減価償却というのは、毎年限度額が決まっていて、

その金額の範囲なら、いくらでもいいことになっています。


だから、

中小企業の場合、

別に0でも違法じゃありません。



じゃあ、赤字続きのときに、

減価償却をちゃんとしていくとどうなるか。


青色申告の会社だったら、

赤字の金額は最高7年間繰り越せます。



でも、逆に言えば、7年までです。


8年目になると、

キャリーオーバーの赤字は全て消滅!

してしまいます。


だから、

赤字のときに、無理に減価償却しなくても・・・・・

と中小企業は考えるわけです。


それなら、減価償却やめて黒字にしよう、と。


ただ・・・・・。


注意点もいくつかあります。



まず、個人事業主の方。


個人事業の場合、

減価償却は強制になります。



赤字だからやめとこう、ということは残念ながらできません。


他の注意点については、また明日!
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
減価償却の活用方法 | 2008-05-05(Mon) 14:14:57 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース