スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

消費税で節税するなら、「基準期間」を知ること

先週は、

消費税の基準期間の話で終わってましたね。


→→→消費税の節税と”基準期間”の不思議?



とにかく、

「基準期間」の考え方を知ることが、

消費税節税の第一歩です。



「基準期間」は、

原則、2年前の事業年度を指し、

この基準期間の課税売上が1,000万円を超えれば、

当期は課税。




でも、

ちょっと変則的な場合もあります。



それは、

2年前の事業年度が1年未満のとき。



例えば、

設立事業年度だったり、

事業年度を変更してたり、という場合には、

そういうことがありえます。



この場合、

個人事業主と法人では、

少し扱いが違います。



まず、法人の場合。



当期

=平成22年4月1日~平成23年3月31日



基準期間

=平成20年4月1日~平成21年3月31日までに

開始した事業年度




そのとき、

基準期間が1年未満の場合には、

年換算した課税売上が、基準期間の課税売上になります。




なので、

たとえ基準期間が1ヶ月で、課税売上が100万円しか

なかったとしても、

年換算すれば、1,200万円で1,000万円超となっちゃいます。




・・・とまあ、

言葉にしてしまえば、なんか小難しい感じなんですが、

ここにいろいろと節税のアイデアが詰まってます!



これだけでも、

知っているのと知らないのとでは、

違ってくるんです。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
消費税のその他節税方法 | 2010-05-24(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。