スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

要注意!消費税の有利判定に新ルール登場!

では、昨日の続きです。


→→→自販機節税の”とばっちり”、個人事業主、中小企業にも?!



今回の消費税改正は、

「自販機節税」に関わらず、

影響がありますよ、ということでした。



具体的に影響があるのは、



●免税事業者だけど、還付を受けるために課税事業者を選択する。

●課税事業者選択から2年以内に、100万円以上の資産を買う。



という場合です。

(資本金1,000万円以上で法人設立した場合も同様)



じゃあ、

この場合、何がどんなふうに改正されるんでしょうか???



<今までなら・・・>


●課税事業者を選択 →→→ 2年間は、免税に戻れない。

●簡易課税を選択 →→→ 2年間は、原則にも免税にも戻れない。





要するに、「2年縛り」が原則でした。



(2期前の課税売上が1,000万円超で、

もとから課税事業者の場合の原則課税は縛りなしです)




<改正後は・・・>


●課税事業者を選択→2年以内に100万円以上の資産を購入

→購入年度から3年間は「原則課税」強制

(免税にも簡易にも変えられません)





つまり、

100万円以上の資産購入があれば、

「2年縛り」が「3年縛り」や「4年縛り」に

なる可能性が出てくることになります。



とにかく、

免税事業者が消費税の有利判定をするときには、

「100万円以上の資産を購入する時期」がすごく重要だってことです。



結果的には、

免税事業者で、消費税の還付を受けた方が有利、

というパターンは少なくなるかもしれませんね。



あ~、ややこしい、大変だ。。。





※上記内容は、かんたんにまとめています。

実際に判定される際は、個別事情により内容が変わってくる可能性もあります

ので、ご注意下さい。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
消費税 | 2010-04-23(Fri) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。