スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

赤字法人、実はあんまり増えてない?

今週の記事です。


→→→消費税のホントの負担者は誰か?!

→→→消費税率が上がっても、法人には関係なし?!

→→→仕入税額控除の”カラクリ”



最近、

赤字法人が増えてる、というは

誰しも思うことだと思います。



では、

実際にどれぐらいの割合で赤字なんでしょうか?




この3月に発表された平成20年分の

データによると、71.5%だそうです。



「ついに70%突破」的な感じで

報道されてましたね。



でも、

よくよくデータを見ると、

10年前の平成10年の割合は67.3%。




???


なんかあんまり増えてない気が・・・。



もうちょっと遡ってみると、

平成4年までたどることができました。



ちなみに、平成4年は53.1%。



つまり、

少なくとも、ここ15年ぐらいの赤字法人割合は

ずっと50%超で推移してきてるわけです。




確かに、

最近赤字が増えてるのは事実ですが、

昔からある程度の割合で赤字法人はあった

ということになります。



その理由を僕なりに考えてみるに、

やっぱり原因は、中小企業にありそうです。



法人数でいくと、

資本金1,000万円未満の法人が全体の50~60%

を占めます。



こういう中小企業の場合、

役員報酬を多めに取って赤字ってこともあるわけです。


(役員報酬だけに限りませんが。)



さらに、

給与所得税収を見てみると、

ここ5年ぐらいは増加ペースだったりします。



これだけでは何とも言えませんが、

表面上の「不況」という動きとは別に、

意外に目立たず、変わらず、手堅く頑張ってる

中小企業の存在もあるんじゃないかな、と思います。




周りに流されず、ブレずにやることが

大事なのかもしれませんね。





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
経営のヒント | 2010-04-15(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。