家事消費ってなんぞや?

実は、

先週サノウさんから、家事消費についてのご質問を頂いてます。



ということで、

今日からはちょっと「家事消費」を取り上げてみようと思います。




何でしょうね、家事消費???



個人事業主の方なら、

誰でも二面性を持っています。



それは、

「事業主」としての自分と、

「消費者」としての自分です。



同じ「自分」でも、

「事業主」として仕入れた商品を

「消費者」として使えば、

それは税務上、他人さんに売ったのと

基本的には同じ扱いになります。



それが、「家事消費」という考え方。



なので、

他人さんに売ろうが、自分で使おうが

結局は売上に上がる、というのが原則です。




じゃあ、いくらで売上計上するの???



家事消費の場合には、

売上計上の特例があります。


(以下、家事消費したのが棚卸資産という前提でお話しします)



●取得価額→つまり仕入値ですね

●販売価額の70%


のどちらか高い方で売上計上することができます。



例えば、

60円で仕入れて、100円で販売している商品を自分で使ったら。



60円<100円×70%=70円



∴70円で売上計上すればよいことになります。

(もちろん、70円より高ければOKです。)






ちなみに、

この基準は、基本的に従業員販売の場合でも同じです。



従業員にこの金額より少ない金額で売ると、

その差額は、本人に対する給与扱いになります。



まだまだ続きます!



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
みなさまからの質疑応答 | 2010-03-01(Mon) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース