スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

青色事業専従者給与、税務署との攻防を再現(種明かし編)

今週は、

国税不服審判所の採決事例から、

青色事業専従者給与に関する事例をご紹介しました。


→→→税金のイザコザを調べてみる

→→→青色事業専従者給与、税務署との攻防を再現(前編)

→→→青色事業専従者給与、税務署との攻防を再現(後編)

→→→青色事業専従者給与、税務署との攻防を再現(最終回)



さて、攻防録いかがだったでしょうか?



税法では、

「相当と認められる金額を超えた場合」

とか

「社会通念上相当と認められる金額」

といった、いわばあいまいな表現がたくさんあります。



これらについては、

納税者が自分の責任で決めないといけなくなります。



そういう判断をする際に、

実際にモメた事例を知っておくと、

かなり参考になりますよね。



今回、ご紹介したケースでは、

従業員で最高額の給与を超える部分は

否認される、という結果になってます。




平成21年6月ですから、

最近の事例です。



もちろん、

こういう判断はケースバイケースですので、

どんな場合にもあてはまるわけじゃないですが、

最終的には、こういう”妥当”な判断がされる

可能性が高いということです。




最後にちょっと種明かし。



この事例で、

国税不服審判所に申し立てした「納税者」というのは、

実は税理士なんです。



奥さん(税理士ではありません)に

平均1,200万円の専従者給与を払っていたみたいです。



従業員の最高給与が500~550万円だったため、

それを超える金額は否認されてしまいました。



逆にいえば、

500万円の専従者給与を認めてもらった、

ということになります。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
青色事業専従者給与の決め方 | 2010-02-25(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。