スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

青色事業専従者給与、税務署との攻防を再現(最終回)

(攻防記録、最終回です!)


→→→税金のイザコザを調べてみる

→→→青色事業専従者給与、税務署との攻防を再現(前編)

→→→青色事業専従者給与、税務署との攻防を再現(後編)



<国税不服審判所>

「では、最終的な判断をしたいと思います。」


「結論は、やはり奥さんへの専従者給与は

『労務の対価として相当であると認められる金額』を超えています。」





<国税不服審判所>

「奥さんの仕事内容は、他の従業員と比べてもそこまでの給料を

支払うほどの仕事をされていたとは判定できません。」


「作業時間も、他の従業員よりは長いですが、

それも1.2倍程度に過ぎません。」


「同業の方の、他の専従者給与と比べてみても、

高すぎるのは歴然としています。」





<国税不服審判所>

「よって、高すぎる金額はやはり事業所得の計算上、

経費としては認められません。」


「今回調べたところでは、従業員の最高給与と

同業他社の専従者給与では、従業員の最高給与の方が

高額でした。」


「そこで、従業員の最高給与が奥さんの専従者給与として

妥当な金額だと認定し、それを超える金額は否認します。」





(元ネタ・・・国税不服審判所「裁決事例集No.77」平成21年6月3日裁決)



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
青色事業専従者給与の決め方 | 2010-02-24(Wed) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。