スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

「乱」を「転」に!

今年も残すところ、

あと1週間となってしまいましたね。



というわけで、

少し早いのですが、

このブログも年末年始のお休みを

頂こうと思います。




今年もなんとかここまで続けてこられたのは、

こうして読んで頂ける方のおかげです。




5月からは3ヶ月間お休みを頂きましたが、

おかげでなんとか試験にも合格することが

できました。




みなさん、ありがとうございます!




日本は今、

政治も経済も「乱」の時代ですが、

中小企業や個人事業主のみなさんにとって、

これが逆に転機となり、新たな発展に

つながればなー、と思う次第です。




「災い転じて福となす」





みなさん、よいお年をお迎え下さい!





年の瀬、カリカリと年末調整に追われながら

管理人くらのすけより



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
自己紹介 | 2009-12-24(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(4)
コメント
今晩☆

先日はコメントにお返事頂きありがとうございます☆

凄く勉強になりました♪

家主に許可をえてみようと思います☆

引越しは4月をと考えてますので♪

子供の小学校や保育園の関係で直ぐには引越しできないのです。
開業はずっと目標でしたが、正直今の仕事を辞めたいのが一番の理由なので(笑)

頑張ってみます☆

よいお年を☆

また来年よろしくお願いいたします☆
2009-12-25 金  17:43:53 |  URL | うさぎ #- [編集]
ご無沙汰しております。
その後お元気でいらっしゃいますでしょうか?
今年は試験の合格など、くらのすけさんにとって新しい一歩を踏み出す良い年であったのではないでしょうか。

いつもご指導を頂き大変感謝しております。
今回もひとつ、ご質問がありましてコメント欄にてさせて頂く事にしました。

親族が社長の会社につきまして、以前ご相談しta
件につきましては、「納税」をして処理いたしました。
赤字のため、納税にあたっては、私が300万円、を会社に貸し出しました。

社長(母)もまた会社に対し700万円ほどの貸出金があり、いずれその債権は、会社の整理に伴い、回収を考えております。
そこでご質問があります。
当該会社は、株式の持分比率が
社長60%
その他株主が、数名で少数保有しております。(私は株主ではありません)

会社には貸し出し中の『土地資産』があり、地下の上昇によって、その資産価値は4000万円程になっております。
会社を整理するに当たって、通常、保有不動産を売却した場合、債務の返済後残った資産については、各株主の持分比率に応じて、返却されると考えて良いのでしょうか?
また、会社整理に当たっては、会社の存続中に土地売却した場合、売却益を持分比率に応じて、格株主に対し、全て返却になってしまうのでしょうか?

会社の整理、債務の返済、この2点を最も有利に処理してゆくのには、 手順としてどのような方法が最善であるのか、知りたく思います。
御休みの所大変申し訳ありませんが、ご教授いただけましたらあり難く思います。

2009-12-26 土  02:57:20 |  URL | たかはし #- [編集]
たかはし様


こんにちは。
お久しぶりです。

コメントありがとうございます。


さて、ご質問の件についてですが、
今回のようなかなり複雑なお話については、
やっぱり事情をよくわかった専門家に
ご相談されるのが一番ですよ。


背景をあまりよく理解していない僕がお答えすることで、
かえって状況をややこしくしてしまう可能性もあります。


その前提をご理解頂いた上で、
あくまで一般的なお話として聞いておいて下さいね。


会社を清算するにあたって、
土地を売却し、債務を返済してもなお現金が残る場合には、
おっしゃる通り、その現金は株主に分配されます。


土地を売却した場合の売却益については、
会社の解散前に売却するか、
解散後に売却するかで税金の取扱いが変わります。


解散前に売却した場合には、
売却益に対して、通常の法人税がかかってきます。


解散後、清算事業年度に売却した場合には、
売却益に対する課税はされず、
最終的に残った財産に対して課税される
財産課税方式になります。


不動産の含み益がある場合、
一般的には解散後に売却する方が税金の負担は
少なくて済みます。


ただ、今週発表された来年の税制改正大綱の中に
清算所得課税の改正が盛り込まれています。


これは、先程の清算事業年度の課税方式を
通常事業年度の売却益に課税する方式に変えよう
というものです。


この改正が実施されると、
解散後に売却して税負担を減らす、という方法が
取れなくなります。


税制改正は来年の通常国会で最終決定されますので、
現時点ではいつから実施されるのかはわかりません。


また実施されるにしても、
何らかの緩和措置は手当されそうですが、
まだ詳細はわかりません。


例えば、早ければ来年4月以降の解散から
改正が行われる可能性もあります。


いずれにしても、
改正が行われること自体は確定していますので、
それを念頭に置きながら処理を進めていく、
ということになると思います。


参考にして頂ければ幸いです。



管理人くらのすけ
2009-12-26 土  10:38:15 |  URL | くらのすけ #- [編集]
うさぎさんへ


来年は目標に向かってステップアップできる
年になりそうですね。


こちらこそ
またのご来店をお待ちしております(笑)



管理人くらのすけ
2009-12-26 土  10:46:52 |  URL | くらのすけ #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。