スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part2】

では、昨日の続きです!


→→→時間軸で考える赤字決算対策【入門編】

→→→時間軸で考える赤字決算対策【事業年度開始前Part1】



事業年度開始前の赤字決算対策は、

主に2つでした。



●来期の経費を先取りして、今期に計上しておく


●来期の経費削減の準備をする




今日は、2つめ。


来期の経費削減の準備です。



来期が赤字だとわかっていれば、

当然、経費削減の準備を早目に

始めないといけません。



代表格は、役員報酬でしょう。



役員報酬は、

いつでも自由に金額を変えられるわけじゃありません。



原則、事業年度開始から3ヶ月以内の時期に、

1回だけ変更が認められています。



”3ヶ月以内”なので、

事業年度開始月から変更しなくても別にいいんですが、

早く変更した方が、経費削減の効果は大きくなります。



事業年度開始前なら、

来期の1ヶ月目から、役員報酬の減額ができます。




減額しても手取り額はなんとか維持したい、

という場合には、

役員借入金を返済してもらって下さい。




ただし、

資金繰りが厳しければ、それもガマンするしかありませんが。



役員借入金がない場合で、手取りを維持したい場合。



この場合は、

一時的に、会社からお金を借りるしかありません。



ただし、

決算書に役員貸付金があると、

金融機関は嫌がります。




融資は受けにくくなりますので、

緊急事態以外は、やめておいた方が無難です。




来期の経費削減準備、

明日に続きます!




関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加    
赤字決算対策 | 2009-11-26(Thu) 08:00:00 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © ★★★一生懸命頑張る個人事業主・中小企業を応援します!★★★ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。